2010年01月29日

3種3様

3匹は、アグレッシブ、アクティブ、非アクティブ
嫁五郎&新人&やも吉
嫁五郎&新人&やも吉
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

食ったしどこいこ

やもりごときでも、固体で性格が凄く違う。らしい
嫁五郎&新人
嫁五郎&新人
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

食後

食べた後は、即時まったり♪
新人
新人
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

年寄りは黙って待つ

爺さんは、がっつかない。 日本人もそうあってほしい。
やも吉
やも吉
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

すぐに我に返り

つい怒っちゃったけど、なんでもないんだ、流してくれ。
と言わんばかりの戻りようで。
やも吉
やも吉:2007年9月10日

これを境に?やも吉は飼い主に怒らなくなった。
今のところ。
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

黒目率

若いから? 結構暗い中でも黒目率が低いのは・・・
嫁五郎
嫁五郎
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

半寝状態

半寝してる仲間につかまったり乗っかったり・・・ ハムスターのような。
新人&やも吉
新人&やも吉
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

あの頃

この時、みんな何を考えてたんだろう・・・(;´Д`)
新人&やも吉&嫁五郎
新人&やも吉&嫁五郎
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

犯罪者というか・・・

思えば、新人は飼い主の目の届くところでは仲良くしてた(装ってた)のかも。
新人
新人

トッケイもベタ並みなのかもな・・・
8年以上飼ってて、何で突然あんな流血事件になったんだろうな・・・(-公-)
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

十八日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<捕まえて>

【物理作戦】(案)

もうアレコレ面倒だったり
他の方法がイマイチだったらコレ?


その1)誰か勇者に捕まえてもらい、遠くに逃がしてもらう


 これを定期的にやってもらえればベストなんだろうな・・・
 誰か勇者・・・

 家族と同居ならば、家族の誰かがヤモリに対して
 ある程度免疫があるのではないだろうか?

 そんな勇者さまが居れば、マメに捕ってもらう事を
 お願いしてみるとか・・・

 
 18日考えて、結局それかぃwww


 「退治」ってものの原点に戻ってみるのが一番早いような(^^;

 ほら、桃太郎だって、直接鬼が島に行って鬼駆除したしw
 

 ってもなぁ
 そうこうしているうちに秋が来て冬が来る
 今時、まだ出没しているのかな?
 
 東京では、10月中旬くらいまで外で見ることがあった
 でも、今年はちょっと寒くなるのが早いので
 もう居ないのかも(^^;

 考えてみれば、野生のヤモリって
 暖房なんか無い状態のところで
 毛も生えていない裸状態で暮らしている

 何ともたくましい
 
 冬の間もどこかで冬眠するのだろうけど
 それだって裸状態・・・ (強〜

 それなりに外敵やら、それなりの病気やら
 寄生虫などに苦しむ事はあっても
 今時大騒ぎしているインフルエンザなんかが流行る頃には
 まったりと冬眠しているのかと思うと・・・ 

 ちょっと羨ましいw


 ゴキブリだって同じか・・・orz

 
 あぁ、生き抜く為の原点がつまったゲームがあったっけw

絶世のメスを求めて強く生き抜くゲーム
面白度★★★★☆ レア度★★★★☆
 ↓↓↓
 
動物番長(ゲームキューブ)



野犬として1日1日を必死に生き抜くゲーム
面白度★★★☆☆ レア度★★★★★+★
 ↓↓↓

野犬ロデム


いやぁ、懐かしいなぁ〜(´∀`)


 
 何はともあれ、ヤモリが苦手族の方々の中にも
 キモイを払拭する可能性を持ってる方が
 少しでも居るといい。

 密かにそんな風に
 「心変わり」に多く期待してたりする次第であります。

 
・・・「やもりの撃退方法を真面目に考えてみる」 やっと終わり

お粗末様でしたm(_ _)m
 
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

十七日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<ヤモリ色に>

【目くらまし作戦】
錯覚、隠蔽で凌ぐ方法(案)

その3)
壁の色をヤモリと同色に塗ってしまえw


ヤモリもカメレオンのように、感情だとか
具合によって表面の色が変わる・・・

けど、カメレオンほど多様な色にはならないと思う。
ある程度の色の傾向が限定されるハズでw

その色を使って、出没して困っちゃう壁を塗ってしまう☆

部屋のインテリアがどうなの?

素敵な・・・とは言い切れないような気もするけど
和室だったら十分イケてる色になりそうだし
なんなら、打ちっぱなしのコンクリート風に
渋く決めるインテリアにしちゃう事も可能かと・・・
思われるw

どうも納得できない・・・
そんな場合は、インテリアを取るか、ヤモリを見えなくするか
どちらかを選べば良いかとw (冷た・・・

ちなみに
自分はゴキブリが嫌いだ。
だからといって、部屋の壁を全てをゴキブリ色にしたり
テカリまで再現したり(^皿^;

やるか???

・・・やらん。

いや、そもそも
ヤモリとゴキブリを同じ土俵で考える事が違ってるなw
うん、きっとそうだ(^^;

玉虫ならまだ、玉虫厨子風にでもなろうものが
ゴキブリ風の壁ってどうなんだ(-_-;)
茶色くて光沢があって・・・

あれ?
結構いいのかもw
ゴキブリモチーフって言わなければ(・∀・)
しかもゴキブリも目立たないと来たもんだ!w

いいじゃない♪

きっとそういう事にしようw  (←強引w




で、結局ヤモリは何色なのか?

ニホンヤモリならグレー系の色だとは思うけど
トーンまでは、実際に出てくるヤモリに合わせ・・・・
って、嫌だと思う人なのだから
そんなにじっくり色まで分からないかwww(^^;



ヤモリ本体をじっくり見る事が無理ならば、せめて紙で・・・

例えば図鑑などで・・・

ちなみに、凄い勢いで日本に生息するヤモリが載ってる本を
発見しましたゆえ、ご紹介おば
↓↓↓↓

日本のカメ・トカゲ・ヘビ



日本にこんなにヤモリの種類が居たなんて、すげ〜☆
トカゲ・ヤモリ41種も掲載されてるそうなので、
きっとあなたの近くのヤモリも見つかる?!はず?!

紙面でも見て抵抗が無ければの話ではありますが(^^;




・・・結局のところ
「ヤモリが苦手」+「家に出るのが嫌」
という方は、何かしら頑張って生活環境を工夫するか
さもなくば、我慢するしか無いのかなぁ。


ヤモリ愛好家としては、
薬撒いて駆除したり、ホイホイ系でどうにかしたり
叩いてどうにかしたりというのは、心が痛む次第であります。

ゴキブリ愛好家だって同じだよな、きっと・・・(-公-)



・・・つづく

つかもう10月だし、流石に出ないかwww
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

十六日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<壁面多重化計画>

【目くらまし作戦】
錯覚、隠蔽で凌ぐ方法(案)

その2)
やもり出没場所(壁)を布や植物で覆う

思うに、トカゲだとかヤモリだとかってのは、
本来、物陰だとか隙間だとかそんな所が好きなんじゃない?
かと思う。

餌を求めて網戸や壁に出張してきているのって
食欲にかまけて、のこのこ出てきてしまっている「うっかり者」か
逃げ足に相当な自身のある奴かどっちかなんだろうな。。。

なんて想像する。


でも結局のところ
人の気配だとか何かで、あわててチョロチョロする状況ってのは
おそらく「あ、やべっ!」系で逃げてるのかと思う。
たまに「一応移動しとくか・・・」とかって余裕の奴もいるのかなw

そう仮定するとだ。

やはり、何かの陰でうろうろできるのが一番安心なんだろうと。

しかも、ヤモリが苦手!という方にも、要するに
目に入らない工夫がしてあれば良いとも言えそう。

って事で、【壁面多重化】 ってのはどうだろう。

壁の上に数センチの隙間を空けて、布なんかで覆う。

おそらく柔らかい布であるとか、前にも考案したような
ふさふさした感じの布であれば、ヤモリは這わない
ような気がするw

ヤモリがどうしても壁面を歩きたい時は、布の裏側にある壁を
這ってくれる事で、部屋に居る人からは目に入らない♪

とか

もしくは、最近?流行?の壁面緑化♪なんかしちゃって
壁面にツタでも這わせまくって葉っぱだらけにしちゃうのはどうだろうw
ヤモリはきっと、葉が生い茂る下層部を這い回るだろうし♪

この場合、虫も増えそうな気もしなくもないけどw
まずは、チョロチョロしてるのが見えなきゃいい!

これだw


ホントか?w

・・・つづく
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

十五日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<沢山の等身大ヤモリ>

【目くらまし作戦】
錯覚、隠蔽で凌ぐ方法(案)



その1)
 やもり出没場所に、やもり等身大の同じような形状の柄を
 より沢山貼っておく(自分で)


 実際にヤモリが出没したとしても、柄があるせいで
 カモフラージュされ、すぐに分からないと思われるw

 ヤモリ柄のステッカーってのが売ってたから
 あの手のシールの型を取って、ヤモリと同色のクロスとか
 紙なんかを壁に貼る。

 部屋の柄的には、貼り方によって素敵な壁に仕上がるかもしれないw
 腕次第かwww


 それに、自分で作業をするのも必要かとw
 自分で貼る事で、後で見てぎょっとする事が
 少し緩和されるかもしれない(^^;
 

 柄的にキモイ状態にならないといいけど
 壁に本物が目だってチョロチョロされる事と比べたら
 数段この方が我慢できるのではないか?な?


 ・・・つづく
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

十四日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<実は希少生物>

【人のメンタルをどうにかする作戦】
人の心をカスタマイズしてみる方法(案)

その3)
【希少生物とされていて、ある国では1匹数億円の値打ちがある】
 と思い込んでみる。


年々日本の気温が上がっていっている感じがするし
それに伴い、やもりの出没率も上がってる?ような気配を感じる。
とは言っても、未だに【イモリ】と【ヤモリ】の違いが
定かでない人も多いのも実態・・・

ま、知らなくても生活には何ら支障は無いから良いと思うけど。

なわけで
まだ珍しい生き物でも通用するような。

ということは
この生物の使い道ってものがニホン人にとって
未知であるとも言えるかもw

どっか象の居る国では
ヤモリを干して焼いて食べてたし、貴重な食料なのかもだし

どっか大陸の国では
開いて干して、漢方薬にしてるわけだし

そこそこな価値だ(^^;


日本でも・・・
動く虫取りホイホイと思えば、それなりに凄い価値だと思うけど。
エコだしw


なので、未知は未知だけど
計り知れない価値がある。と考え思い込む事はそこそこ効果があると思う。

例えば、
家に良く出る、飛び蜘蛛とか言われてる(ハエトリグモ)だったかな
あいつは、家中を巡回しつつ虫を捕ってる。
特に、ゴキブリのちびっ子なんかは、良いご飯にしてくれてるはず。

仮に家の中に1粒のゴキブリの卵があったとしよう。
これから孵るゴキブリのちびっ子が10匹(仮)くらいとして。

このうち
飛び蜘蛛が家の中に5匹(仮)居れば、ゴキブリのちびっ子は
成虫にならずに片付けてもらえる(予想)

もしも、前に聞いたことがある
「ゴキブリが1匹の居るって事は、あと50匹くらいは居る証拠」
が本当だったとしたら・・・・(゚Д゚;)
飛び蜘蛛は、間違っても一匹も駆除できない!!

出来れば、蜘蛛同士も仲良く暮らしてもらって、
卵を産んで、沢山の蜘蛛で応戦して欲しい・・・
とすら思う。

こんな事を考えて居たら

「げっ(゚Д゚;)壁を這う黒い虫・・・」
と、最初は思ってたけど、そいつは正に益虫だった!
って事で、イメージが逆転した♪

今では、見るだけでもほほ笑ましいというか嬉しいくらい(^^*)


もっと沢山居て欲しいなぁ・・・
と思うものの

残念ながら、この飛び蜘蛛はナワバリ意識が強い(蜘蛛全般?)のか
蜘蛛同士が出会うと、片方が逃げるか死ぬかするまで取っ組み合いをしてしまう・・・

1匹のナワバリが狭く見積もって、壁2枚(仮)だったとして
1部屋3匹は居てもらいたいw
とは言っても、いつも餌があるわけではないし、
仮に、いつも潤沢なほど餌が居てもらっても困るんだけどw

しかも、餌と言っても成虫のゴキブリでは
でかすぎて餌にはなら無そうだし

餌が無くなれば、何れ共食いをしつつ、淘汰され・・・

なかなか、ゴキブリだとか困る虫が居ない程度に
蜘蛛に張ってて欲しいという願いは難しいもので(-_-;)

理想を言えば
餌がなくなったら、外食してもらい、
頃合を見て家の中に戻ってきてもらって・・・・
なんて話の分かる蜘蛛なんか居ないわけで。

そう考えると、蜘蛛だけではちょっと心細い。

だから家の中に蜘蛛以外の「虫を捕食してくれる生物」
が出てくれるっていう事は結構頼もしい事のような気がする。
ヤモリだった場合、そんなに毎日餌を食べなくても大丈夫だし。
たまに出る害虫を、たまに食べてくれるってわけだ♪
つかこれはもう、ラッキー☆

※年間の餌の量と種類を冷静に考えると、
 ちょっとラッキーとは手放しで言えなそうだけどw



と、何とも説得力の無さそうなもろもろを並べてみたけど
結局のところの方法としては
ヤモリが苦手な人にとっては、上記はどーでも良い話なわけで。。。

なので
とにかく【思い込む】というのが今回の方法案w (えぇ〜〜!?



■ニホンヤモリは非常に希少性が高く、とある取引においては数億円の値打ちがある■

とかw

めちゃめちゃ(金銭的な)価値があると思い込んでみるのはどうだろ。

見る都度に、ちょっとリッチな気分になり、
追々見つけるたびに嬉しくなる?!


・・・つづく

posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

十三日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<とにかく鍛錬あるのみ>

【人のメンタルをどうにかする作戦】
人の心をカスタマイズしてみる方法(案)

その2)とにかく毎日見ること

「見たくない」と言ってばかりではらちが明かない
とも考えられるわけで。
文句を言うより、慣れろ。が一番手っ取り早かったりもする。

「見たくないものを見ないようにする」を
「見たくないものを目に入らないようにする」
にしてみてはどうか?

「目に入らない」というのは、物理的にそこにあったにしても
実際には「気にならない」というようなものw

気にならないというのは、気にしないための解釈、理解などなど
そんなものが必要なのかと思われwww

・・・・何か精神論でも吟じてるのか(^^;って感じだw


なわけで

毎日見る!
居場所を探して、見つけたら良い事あるかも♪
くらいの心の転換をしつつw
慣れる訓練をする。

何でそんなつらい事をしなきゃならないのか?
その答えは正に!!
ヤモリが苦手なご本人のため以外のなにものでもないw
自分の為の、とっても前向きな訓練☆
と解釈をする。

また、居場所を当てる確率を高める事で
ヤモリの出没場所の把握力を高められる♪
なんとハイブリットな(^□^)b

ハイブリットぉ?w

出没場所の当たりがつくっちゅう事は
万が一、苦手なままの状態が乗り越えられない場合
その、養われた感による出没しそうな場所ってのを
見なきゃいいのだw

出そうな場所が分かるなら、そこを見なきゃ
見ずに暮らせるわけだwww

流石に、天井、壁全面、床、家具が、やもりだらけ
なんて事は無いはずwww

で、運良く、慣れてしまえば、気にならないので
目にも入らない可能性も高いwww



所詮、相手はヤモリ。
人を襲う事は無い訳で、害は無い。
気持ち悪るがる事や、怖がる必要は無い訳で

どちらかと言えば、
刺したり、噛んだり、かぶれたりってな問題のあるのは
虫の方な訳で・・・・

この虫を駆除ってくれているありがたき、駆除師な訳で



やもりが居る家なんて・・・

物凄い羨ましい・・・

って、もう秋だから出ないのだろうか・・・

・・・つづく

この類、ナショジオでやってて、半々の確率で成功するかも?!
 って言ってたような気がする。。。。
 残りの半数は悪化したとかしないとか(^^;
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

十二日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<許容力を鍛える>

【人のメンタルをどうにかする作戦】
人の心をカスタマイズしてみる方法(案)

今度は、避けるでもなく、攻撃するでもなく、肯定してみるでもない案w

どうやっても出てきてしまうヤモリ。
何故か日々出没してるヤモリを見つけてしまう。

もうこれは、文句を言うより慣れろ的な考え方もある。

人の脳は何とも柔軟な部分があり【慣れ】という
素晴らしい機能(?)を持ち合わせているではないかw

この可能性を無視して、言葉も通じないヤモリに
どうにかなってもらおうという事自体がおかしいのかもw

ってことで

その1)もっと気味の悪い苦手な何かを見る事で、
    苦手なモノの許容範囲を広くする

満員電車なんかで、ギュウギュウ詰めな状態で通勤をしていると
時に、夏休みや正月明けなんかで、人と人がくっつかなくても
乗車できる状態に出くわす。
そんな状態だと「ナント空いているのか♪」なんて思う事もある。

でも、そのように思う人も、かつては地方のローカル線などに
乗り慣れていた時代には、そんな状態ですら
「混んでいる」と思っていた時もあった。
なんて事もあるわけで。

【慣れ】というのは何とも便利♪

これを利用し

ヤモリが気持ち悪くない感覚を養おうというもの★


 方法1)ヤモリがウジャウジャいる写真、動画を見る 
       1匹2匹居たくらいはへっちゃらに?!

 方法2)やもり曜日を全部見るw
       ニホンヤモリに比べ柄がえぐいので、
       より柄が静かなニホンヤモリを見ても平気に?!
      
 方法3)頑張って、一匹飼ってみる。


ナショジオで
ゴキブリへの恐怖心を克服する。だとか、
ワニやらサメへの恐怖心を克服する。
などなど、そんな特集の番組があったw
ワニやらサメの恐怖心なんか、普段目にする事は殆ど無いので
克服する必要あんのか???と思ったけどw

しかも、下手すると悪化するらしいので注意っぽかった(><;)
※番組内でやってた方法はどれも無茶だったけどwwww

上記の方法1〜方法3であれば、カウンセラーに強制風味に指示される事も無く
自分のペースでやれるんじゃないかなぁ♪

ま、100%の保障は無いのだけれど(^^;

ちなみに

自分は、大量の黒い虫が苦手。
トッケイ買ってからもずっと大量のフタ★さんを
管理するハメになったった訳だけど・・・ノフ○

実は未だに慣れぬ。

ただ、素で耐えられる様にはなったような気がするw
おとなしいフタ★であれば、30匹くらいまではw 多分w

・・・・いや、でも、ぎっしり並んでたらダメか・・・orz

いやきっとさ
コオロギファームかなんかでバイトでもすれば慣れると思うw
多分w

つか、その環境でバイトとしてきちんと働けるのかな?wwww


ま、何とかなるwww(^^;)


・・・ような気がするw



・・・つづく
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

十一日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<避けずに寄せる>

【やもりへの手紙作戦B】
やもりに来て欲しくない旨を伝える方法::肯定編(案)

今度は、避けるでもなく、攻撃するでもなく【肯定してみる】案w


その1)出没エリアよりももっと居心地の良い場所を設ける。

 ニホンヤモリに関しては、どんな場所が居心地良いのか
 研究の余地がありそうだけどw

 おそらく、狭い隙間、安定して隠れられる場所
 暖かい所が好きってのは、トッケイのような
 凶暴なヤモリですら好きなので
 壁チョロのみなさん共通なのかと思われる。

 あとは、意外に安定性。
 
 どうやって感じるのかは分からないけれど
 グラグラしてたりせず、よりしっかりした場所を
 好むような傾向も・・・w

 なので何かを設置する場合も、床にしっかり置いてしまうか
 壁に設置する場合でも、しっかり固定する必要がありそう。


 あと、そうだ

 プラスチックや紙よりも、コンクリートや
 木や石、陶器のような素材が好きっぽい。
 プラスチックや紙は染料や素材からのニオイがあるのか
 素材の弱さが分かっちゃうのかな?w

 あとは、気に入った場所をどこに設置するか・・・

 もちろん、人間が目にしたくない場所に置くのが良いのだろうけど
 あまり最初当てずっぽうなところに置いたとしても効果が無さそう。

 より出没エリアの近くに置き、徐々に目にしたくない場所へ
 少しずつ移動していくのはどうだ?


 ・・・長期戦だなwww


 しかも、やもり好みの材料の選定&結果が分かるまでも
 長丁場過ぎかwww

 ま、でも気に入ってもらえればかなり成功率高いような♪

 
 ん〜・・・
 
 た・め・し・た・い♪


 つづく・・・

 
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

十日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<徹底的に、ハエ叩き>

やもりの撃退方法を真面目に考えて
もうかれこれ 十日になる。

そして、もう夏も終わり秋になる。

はたして、未だヤモリが出没して
眠れない夜を過ごしている人はどのくらい居るのか・・・

もう出なくなり始めてるのか・・・

日本も段々暖かい国になるにつれて
1年中網戸にヤモリが見れる♪
なんて日が来るかもしれないw

もうそうなったら、ヤモリが苦手な人は
より北へ引っ越すのがベストだろうか。


・・・いや、何となくだけど

そこ頃には、ニホンヤモリを捕食する【ナニカ】も
増えているような気がする・・・

【ナニカ】って何だよぅ(^^;


それ以上に、ゴキカブリちゃんが増える方が嫌だな。
それこそ、うちでは愛玩用のトッケイと
ゴキカブリ駆除用のヤモリを飼っているかもしれないwww

なんだそりゃ?w


ってことで?

【やもりへの手紙作戦A】
やもりに来て欲しくない旨を伝える方法::攻撃編(案)

今度は攻撃編♪

その1)姿を見たら徹底的に、ハエ叩きか何かで付近を叩き【脅す】

 脅す事で、キケンな場所と学習させ出てこないように仕向ける。

 恐怖は遺伝するとも言われておるわけでw

 一度怖い思いが染み付いたやもりは親から子へ、子から子へと
 記憶が受け継がれていく?!

 なので、ヤモリ本体を叩いて潰すのではなく、
 脅して逃がすのがポイントかとw


 ただ、叩いて脅しても
 しばらくすると、のこのこ出てくる・・・
 なんて危機感の薄いやもりが大半だったりするのかな(^^;


 うちのトッケイの場合は
 少しでも怖いとか、嫌と思ったりしたっぽい場合
 しばらく根に持っている・・・

 その辺で、んこをしそうになった時
 飼い主は、強烈にあわててティシューを取りに行く(大汗)

 このような光景が強烈に異常に感じたのか
 んこをする時は、
 より人から離れて影でひっそり用を足そうだなんてしようとする
 そんな傾向が見られるようになってしまった。
 
 よっぽど慌ててる姿が怖かったんだねい(TーT)

 でも、人が寝てる時はさ
 枕元にするのは何故なんだい・・・(TーT)
 

 片付けやすいように傍にしてるとか?!
 そんな考慮は要らないぞぉぉぉぉぉ!


 というわけで?
 
 どういうわけで?

 とりあえず、叩くを繰り返す事で
 ある意味、人も忍耐を鍛えられる。
 ヤモリに対する恐怖心がいくらか鍛えられるような?
 こんな効果?!もあるかも(^^;

 ないか?w

 ・・・つづく 
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

九日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<糸張って避ける>

九日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<糸張って避ける>

【やもりへの手紙作戦@】
やもりに来て欲しくない旨を伝える方法::避ける編(案)

その6)ハト避けの要領で壁に糸を張る

 トッケイだけかもしれないけど・・・

 ねじ込んで特攻すれば入りそうなところ
 そんな無理な特攻しても入れ無さそうな感じのところ
 体より小さそうな隙間

 このようなところに、頭をぐいぐい突っ込んで
 突き進もうとする。

 体の中で頭が一番固いので、
 これを道具にしているっぽいわけですが。 

 これがトッケイだけの習性なら
 効果がありそうな気もしなくもないのだけど。


 要するに、このような突っ込み習性がですよ
 あの品格ある、ニホンヤモリさんにあって・・・
 まるでトッケイと同じだった場合、
 単に特攻して終わってしまうわけで。


 という事で、そんな豪快な突っ込み習性が
 ニホンヤモリさんに無いのを前提に考えてみるわけですがwww


 方法は
 壁から数ミリの高さに糸を張り、壁を這いにくくしてみる。

 全面に張る必要は無く、出没ルートを妨害するように張っておく。
 糸は、ヤモリさんが跨ぐには高すぎて、くぐるには低すぎる
 そんな高さが良いのだけれど・・・

 ん?

 出没ルートなんか分からないかwww
 壁の各辺(四辺)のところに線上に張っておけば良いかと。
 どっか隅から来るんだろうし。

 で、それがいったいどのくらいの高さが良いのか・・・
 ヤモリを嫌いな人が、ヤモリの足の長さを計れるわけないしw

 そうだなぁ・・・
 色々な高さで張って試すのが一番いい。
 そんな風に思う。

 
 糸の種類は・・・
 出来るだけパヤパヤしている糸(毛糸とか)が良さそう
 

 うちのやもりのみなさん達は、絨毯の上を触った瞬間、
 手足を振り払って、手足に付いた何か(毛糸?感覚?)
 を振り落とそうとしているので、ケバケバしたものは
 相当嫌なのだと思われる。(我慢は出来るようだけどw)

 ケバケバしているだけで、足を一歩踏み出そうという試みも
 ケバに触れた瞬間失せる??かなw

 
 ・・・つづく
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

八日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<ふさふさで避ける>

八日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる

【やもりへの手紙作戦@】
やもりに来て欲しくない旨を伝える方法::避ける編(案)

その5)出没面にふかふかなモノを付ける

 目にしたくない壁(目撃ゾーン)の【周囲】に
 フェイクファーなどケバケバしたものを帯状に1行ぴーっと貼る。
 お金に余裕があれば、本物の毛皮でもw

 もしくは、毛足の長い毛糸でも良いかもw
 または、ガムテープのベタベタ面を表にして貼っておいても
 効果ありそうな気がw

 うちのやもりは
 のこのこ脱そうを図る時に、
 カーペットの上を通過しようとする場合がある。

 この時、
 足裏にケバケバが触れるのを異常に嫌がる事が多く
 足をはた付かせ、振り払うような事をしているw
 
 カーペットはもちろんの事
 タオルも
 毛布も
 
 少しでもケバケバした布などは 嫌みたいw(^^;
 
 で、よりフローリングなどの面を選ぼうとする傾向がある。
 (あのくっつき力がまだある場合だけっぽいけど)



 インテリアとしても
 壁一面、毛皮とか毛糸とか♪ ある意味お洒落かも★
 やもりが出没しなければ一石二鳥♪

 っても、夏場は何か暑そうだなwww

 でも、やもりが出ないならその方がいいのだろうかw(^^;

 ・・・つづく
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。