2009年09月29日

十六日、やもりの撃退方法を真面目に考えてみる<壁面多重化計画>

【目くらまし作戦】
錯覚、隠蔽で凌ぐ方法(案)

その2)
やもり出没場所(壁)を布や植物で覆う

思うに、トカゲだとかヤモリだとかってのは、
本来、物陰だとか隙間だとかそんな所が好きなんじゃない?
かと思う。

餌を求めて網戸や壁に出張してきているのって
食欲にかまけて、のこのこ出てきてしまっている「うっかり者」か
逃げ足に相当な自身のある奴かどっちかなんだろうな。。。

なんて想像する。


でも結局のところ
人の気配だとか何かで、あわててチョロチョロする状況ってのは
おそらく「あ、やべっ!」系で逃げてるのかと思う。
たまに「一応移動しとくか・・・」とかって余裕の奴もいるのかなw

そう仮定するとだ。

やはり、何かの陰でうろうろできるのが一番安心なんだろうと。

しかも、ヤモリが苦手!という方にも、要するに
目に入らない工夫がしてあれば良いとも言えそう。

って事で、【壁面多重化】 ってのはどうだろう。

壁の上に数センチの隙間を空けて、布なんかで覆う。

おそらく柔らかい布であるとか、前にも考案したような
ふさふさした感じの布であれば、ヤモリは這わない
ような気がするw

ヤモリがどうしても壁面を歩きたい時は、布の裏側にある壁を
這ってくれる事で、部屋に居る人からは目に入らない♪

とか

もしくは、最近?流行?の壁面緑化♪なんかしちゃって
壁面にツタでも這わせまくって葉っぱだらけにしちゃうのはどうだろうw
ヤモリはきっと、葉が生い茂る下層部を這い回るだろうし♪

この場合、虫も増えそうな気もしなくもないけどw
まずは、チョロチョロしてるのが見えなきゃいい!

これだw


ホントか?w

・・・つづく
posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。