2009年08月30日

一日やもりの撃退方法を真面目に考えてみる

今年の夏、ヤモリ撃退方法をたどって、
わが【やもり曜日】を尋ねて来られてしまってる方が非常に多ございます。

飼い主と致しましては、何故そんなにやもり(特にニホンヤモリ)
がダメなのだろうかと不思議に思う次第ではあります。

かなり、カワイイのだけど。

まあ、自分の感覚に例えるなら・・・

30匹の餌コオロギがお祭りになっている状態というのは
何年経っても慣れませんし

ゴキカブリちゃんやら、毛虫ちゃんがちょろちょろするのも
これまた我慢ならないわけですから

きっとこれらと同じ恐怖を味わっておられるのだろうと
想像しつつ、理解してみています。


そこで
日々、やもりに親しんでいるノウハウ?!を振り返って
撃退方法を真面目に考えてみました。

これにより、悲惨な目に見舞われるヤモリも減る
苦手な人も安心して暮らせるのではないかと。

ちょっと前向き風味な理由をくっつけてみたりしてw



さて、本来ならば
どのような状態がヤモリを苦手としている人が困っているのか
もっとよく話を聞くなり分析するべきなのですが
まあ、様々過ぎるバリエーションだと思うので・・・・

勝手に上げてみる事に。

苦手な状況ってのはおそらく・・・

1)生活圏内の壁に居る
2)やもりの皮表面がキモイ
3)顔がキモイ
4)存在が許せない

このような感じかと思う。

2)、3)はじっくり見なければ良いので
ペットショップや動物園で飼育係にでも任命されなければOK
万が一、このブログに来てしまったら、さくっと閉じればよし。

4)は生物の起源なんかを良く噛み砕けば良いような気がするし
どうしてもダメなら捕って焼いて食べてしまえば勝てる。
強いて言えば、やもりの方も人の存在が許せないかもしれないし
ある意味対等なのかもw

して、問題は1)

居て欲しくないのに居る。

これがきっと困るンだな。うん。


つづく・・・

え?!w


posted by やものみな at 20:00 | TrackBack(0) | 他 曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。